© 2019 総本山金剛峯寺 教学部教学課

ホームページ使用の画像・文章の著作権はすべて総本山金剛峯寺、または制作者に帰属します。

1/5

創刊2号は令和元年9月24日全国書店にて発売予定​​

About “KŪKAI”

KŪKAI(くうかい)とは?

 平安時代から約1200年にわたり、多くの人々の心をつかみ、人生を支えてきた弘法大師・空海の教え=空海密教。

 今や年間200万人近い方が、弘法大師(お大師さま)を慕って、高野山に訪れています。そんな崇敬者の方々の思いに応えるため、高野山真言宗では新しい情報発信の場として、毎年1回、全国書店でも購入可能な本を創刊することになりました。

 お大師さまの教えや、高野山の魅力、真言密教の神秘まで。難しい言葉や教えをできるだけ分かりやすく、楽しく紹介するほか、高野山が誇る、貴重な仏像や仏画、資料なども誌面にて特別公開! いまだかつて見たことのない、高野山をお見せします。

 

Things that “KŪKAI” tells you

KŪKAIがお伝えしたい3つのこと

01

お大師さまの教え

弘法大師・空海が私たちに本当に伝えたいことは何なのか? 生きるとは? 修行とは何なのか? お大師さまの言葉の一つひとつ、法話などを通して考え、検証していきます。また、お大師さまを慕う識者・専門家も多数登場。その教えの魅力に迫ります。

02

真言密教の神秘

曼荼羅、梵字、即身成仏‥‥。難しい専門用語が多い真言密教を、誰にでも分かりやすくお伝えするとともに、知っているようで知らなかったディープな部分にもクローズアップ。毎号、読み応えがあり、楽しく学べるページを目指します。

03

高野山の魅力

高野山の諸尊が続々と登場! お大師さまが開かれた霊場・高野山の魅力を詳しく紹介します。奥之院、また、壇上伽藍の二大聖地に息づく信仰の源泉を探るとともに、お山の最新情報も掲載。高野山真言宗発の本だからこそ、お伝えできる情報が満載です。

 

The Reason why we launch “KŪKAI”

“KŪKAI”創刊にあたり 高野山真言宗 教学部長 橋本真人

 皆さんを「空海密教」の世界へご案内いたします。

 私たち、真言宗の僧侶が親しみをこめて“お大師さん”とお呼びする“弘法大師”の実名は、“空海”といいます。お大師さんは、日本に初めて正純な密教をもたらした立役者です。

 興味深い話があります。

 お大師さんが中国で密教を学び、帰国した時の報告書に「密蔵深玄(みつぞうじんげん)にして翰墨(かんぼく)に載(の)せ難(がた)し」とあります。つまり、密教の真髄(しんずい)は言葉や文字であらわすことが難しく、むしろマンダラ、仏像などを通して感覚的、直感的に理解することが必要であるということです。

 この本は高野山真言宗、総本山金剛峯寺が「空海密教」の世界を、さまざまな角度からご案内する新企画です。手に取ってくださる皆さんが、新たな高野山の魅力を感じていただければ、これ以上の喜びはございません。

 

巻頭特集は創刊2号記念! 孔雀明王と諸尊仏龕

『KŪKAI』~空海密教の宇宙 Vol.2は、令和元年9月24日に全国書店で発売です!

くじゃくみょうおう
しょそんぶつがん

高野山の愛、あふれる。

 高平成30年9月に創刊された『KŪKAI』は、総本山金剛峯寺が年1回発行するムック本として発売され、おかげさまで創刊号の在庫が足りなくなるほど、ご好評をいただいております。

 第2号では部数を増やし、またページ数も大幅に増やして、弘法大師・空海の教えや、高野山の魅力、真言密教の神秘までを、できるだけ分かりやすく、楽しく紹介していきます。

 巻頭特集は、ふだん霊宝館に収蔵され、なかなか公開されない特別な仏様、孔雀明王と諸尊仏龕。熱狂的ファンが多い孔雀明王と、弘法大師が唐から持ち帰った枕本尊の諸尊仏龕という高野山屈指の名宝を、巻頭グラフページで20ページ以上を使って紹介します。すべて神社仏閣の写真で定評のある写真家、Kankan氏による全ページ撮りおろしです。

 また、総本山金剛峯寺の僧侶50人が選んだ、心に響く弘法大師の言葉を紹介。新しい時代を生き抜くためのヒントを学べる特集もあります。

新価格は本体1000円 +税です。

※『KUKAI』は次号から表記が『KŪKAI』に変わります!